浜松市中区の居酒屋【旬菜庵いつき】で、こだわりの食材を使った本格和食を楽しみませんか。お気軽にお越しください。

和食について

和食の魅力について

海外での和食ブームを受けて人気が高まりつつある日本の和食ですが、その定義を決めるのはなかなか難しいものです。

仮に和食内で狭義と広義を決めるとすると、狭義の和食は『京料理』のような京野菜をふんだんに使い、地産地消にこだわった一品になるでしょう。

したがって、その人の考え方によって『和食』の概念は大きく変わってきます。

しかし、日本人の考える和食と言えばやはり『京料理』のようなヘルシーで野菜をふんだんに使った料理でしょう。

脂肪分が少なく、素材の味を最大限に引き出した料理はみそ汁や肉じゃが、漬け物と数多くあります。

このような料理を見てみると、和食とは『素材の味を生かし、できるだけ手を加えない』引き算の料理法と言えます。

これとは対極の存在として『素材の味にソースを足す』フランス料理がありますが、足すばかりではなく引くことで素材の味を引き出し、食材そのものを生かす日本の料理は自然と食材に恵まれた国だからこそできる芸当かもしれません。

まさに『わびさび』の世界を表現した料理こそ、普段イメージする和食と言えましょう。
一方、広い目で見ると日本式のカレーやラーメン、エビチリも和食として取り上げられます。

これらは日本に輸入され、長い年月をもって日本風に改良された料理です。

日本人の舌に合うように改良を加えていくという食の執念にも驚かされますが、カレー一つとっても『口に合わないから食べたくない』と切り捨てず、口に合うように改良を加えていく探究心こそ日本の底力なのかもしれません。

食の保守性は捨てられにくいもので、パン食が流行ってもご飯をメインに食べる人もいるぐらいです。

海外でもその風土に合わせた食の特徴を捨てることはそうそう出来るものではありません。

そのかわり、保守的な食の特徴こそが『食の文化』として各国における大きな特徴となって現れるのです。

それは日本においても同じことが言えます。日本の食材にこだわったヘルシーな料理も和食と言えますが、海外から入ってきた料理がいつしか手を加えられて日本の料理となる。

これもまた『和食』の魅力であり、注目したい点と言えます。だからこそ日本古来の料理が恋しくなり、たまに食べたくなるのかもしれません。

和のスタイル

和食では香辛料を極力使わず、代わりに調味料を使って味付けを行います。

その代表格が大豆からとれた『醤油や味噌』。または塩と一緒にお酒や甘さを感じる調味料を加えていきます。
他にも葱や生姜、ミョウガに大葉。七味唐辛子といった薬味は味付けだけではなく、料理の彩りも豊かにしてくれます。

作法

スプーンを一切使わず、椀や煮汁は口をつけて飲みます。
諸外国ではマナー違反とされる麺を食べる際に啜る音を立てるのも、日本の和食においては許されています。

特に食器を手で持って食べる作法は日本独特のスタイルで、欧米のテーブルマナーではまず見られません。
そして何より、お箸を使って食事をしてこそ日本の食事。かつては豆を挟むことで箸使いの上達を図っていたと言われています。

構成

日本の食卓は『ご飯・汁物・おかず』からなる主菜1品・副菜2品からなる『一汁三菜』が基本です。
特に懐石料理や会席料理のような改まった席では、次のような順番で料理が並べられていきます。

1.ご飯
2.汁物(味噌汁やお吸い物)
3.主菜(焼き物など)
4.副菜(煮物など)
5.副菜(おひたし、胡麻和えといった和え物)

食器は国によって特色が出るもので、日本においては漆器・陶器・磁器が多く用いられています。
欧米の食器と違い、多彩な絵付けと造形、食器そのものの彩りといった見た目の美しさも特徴的です。

その食器に料理を盛り付けることにより、季節や風情を表すのもまた、和食の醍醐味と言えましょう。
それほど和食、ひいては日本料理は繊細なものです。

現在では洋食器に合うような日本料理もありますが、懐石・会席料理の場では美しい食器が並び、場に彩りを与えてくれます。

歴史

日本の食文化は外国から入ってきたものが多いのも特徴です。
米食こそ縄文時代より行われ、煮物や焼き物、蒸し物は日本でも古くから行われていました。

一方、揚げ物は飛鳥時代頃に朝鮮や中国から入ってきました。
しばらくすると中国から仏教の伝来とともに特殊な料理やお茶も伝えられ、寺院の発展に寄与しました。

この寺院とともにやってきた中には『精進料理』もあり、その影響から家畜や猿を食べてはならないという禁令が何度も出るほどでした。

TEL.053-525-6102 FAX.053-525-6103 営業時間 17:30 ~ Last 定休日 月曜日 (月曜が祝日の場合は翌火曜休み)

Information

旬菜庵 いつき
〒433-8122
静岡県浜松市中区上島1-26-19
素材にこだわった和食のお店で美味しくお酒を飲みませんか?浜松市中区で居酒屋をお探しなら「旬菜庵 いつき」まで!

旬菜庵 いつき BLOG

facebook

ページの先頭へ戻る